トゥララン、新天地はモナコに決定

2年契約でフランス帰国
モナコは6日、クラブの公式ウェブサイトで、マラガからMFジェレミー・トゥララン(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2年で、3年目の延長オプションが付いている。移籍金は発表されていない。

FWラダメル・ファルカオ、MFハメス・ロドリゲス、MFジョアン・モウティーニョ、DFリカルド・カルバーリョと、多くのビッグネームを獲得している今夏のモナコ。そこに新たに加わることになったのが、アトレティコ・マドリーも狙っていたトゥラランだ。

バディム・バシリエフSD(スポーツディレクター)は、公式ウェブサイトで、「ジェレミーを獲得できて、我々は喜んでいる。彼のクオリティー、欧州や国際レベルでの経験は、今季の我々のチームにとって非常に重要な力となるだろう」と、トゥララン加入に喜びを表している。

2011年にリヨンからマラガへ移籍したトゥラランは、スペインでの2年を経て、フランスに帰国することになった。モナコは、同選手が8日に入団会見に臨むと明かしている。