ニュース ライブスコア

イブラヒモビッチ:「ルーニーはPSGに来るべき」

パリ・サンジェルマン(PSG)FWズラタン・イブラヒモビッチは、クラブが獲得に興味を示していると噂されるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーに、PSGへの加入を呼びかけている。

サー・アレックス・ファーガソン監督との関係が悪化しているともたびたび報じられ、移籍の噂が絶えないルーニー。資金力のあるPSGが移籍先の候補に挙げられていたが、レオナルドSD(スポーツ・ディレクター)は獲得の可能性を否定し、ナセル・アル・ケライフィ会長も「(ルーニーを)誰でも欲しいと思う」としながらも、具体的に獲得に動いてはいないと話していた。

だがイブラヒモビッチは、イギリス『サン』に対して次のように語った。

「彼がサッカー界で最高のプロジェクトに参加したいと思うなら、サインすべきクラブは一つしかない。彼が夏にどういう決断をするのか、知っているのは彼自身だけだ」

「フランス国内で支配的な力を持つだけで満足はしない。ヨーロッパでもトップクラブになりたい。クラブのオーナーがルーニーに興味を持っている理由は理解できる。彼はヨーロッパでトップ10に入るストライカーの一人だからね」

今季イブラヒモビッチを獲得するなど積極補強を行ったPSGは、リーグアンで第30節を終えて首位。欧州の舞台でも18年ぶりのチャンピオンズリーグ8強進出を果たし、準々決勝ファーストレグではバルセロナと2-2で引き分けている。