ヴェッラッティ代理人、1月の移籍を完全否定

スナイデルとのトレード説を一蹴
パリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティの代理人が、1月の移籍を否定した。一部でインテルMFヴェスレイ・スナイデルとのトレードもうわさされたが、代理人は一蹴している。

インテルで契約問題を抱え、1月の去就が注目されているスナイデルには、PSGが関心を寄せていると言われる。一方で、インテルはスナイデルとヴェッラッティのトレードに興味を示しているとの報道も浮上した。

だが、代理人のドナト・ディ・カンプリ氏は、イタリア『ラジオ・キス・キス』で、次のように話している。

「まったく事実じゃない。完全な空想だ。マルコはパリでうまくやっている。監督やクラブからとても評価され、とても求められているんだ。まったく何もないと保証できる。彼はパリに残るよ。重要なプロジェクトの中心にいるんだ」

「1月にヴェッラッティがフランスを去ることはない。100%、断言する。PSGは彼に大金を投じたんだ。クラブに彼を手放すつもりはない。PSGが考えを変えない限り、ね。ただ、それはないと思う」