ニュース ライブスコア

ドゥビュシ:「リールを離れたい」

リールに所属するフランス代表DFマテュー・ドゥビュシは、今夏の移籍市場が閉まるまでにリールを離れることを望んでいると話し、ニューカッスル移籍がプライオリティーだと認めている。

EURO2012でも活躍したドゥビュシには、チェルシーやインテルからの関心も噂されていた。しかし選手は、フランス代表のチームメートであり、リールでも同僚だったMFヨアン・カバイェのいるニューカッスルを希望しているようだ。ニューカッスルには、フランス代表MFハテム・ベン・アルファも所属している。

フランス『レキップ』にドゥビュシは、「(ニューカッスル移籍が)僕のプライオリティーだ。インテルからも打診があった」と語っている。

「リールは、どのようなオファーでも拒否する権利を持っている。クラブ間で合意しなければいけないけど、まだだね。ニューカッスルは、すでに500万ユーロを提案してきた。リールのディレクターが、いくら求めているのかは分からない。僕はDFだ。巨額は期待できないよ」

ドゥビュシは、リールとの契約を延長するという最近の噂を否定し、新天地を求める意向を改めて強調した。

「僕の希望は去ることだ。別のリーグを経験したい。最近、僕が2016年まで契約を延長するという記事を読んだけど。驚いたよ。事実じゃない。状況が落ち着いてほしいと思っているよ」

「リールを離れたい。監督は、残留を望んでいる。でも自分の考えを変えるつもりはない。希望を持ち続けるし、移籍を目指すよ」