ニュース ライブスコア

記者に暴言を吐いたナスリ、2年間の出場停止処分の可能性

フランス代表MFサミル・ナスリは、2年間国際舞台から締め出されることになるかもしれない。フランスサッカー連盟は、EURO2012でのナスリの振る舞いについての処分を、来週火曜日の会議で決定するとフランス『レキップ』が伝えている。

ナスリはEURO初戦のイングランド戦でゴールを決めた後、口に人差し指を当てるパフォーマンスで自身を批判したメディアに反撃していた。さらに準々決勝のスペイン戦後のミックスゾーンでは、コメントを求めたフランス人記者に暴言を吐いた後、「これで育ちが悪いと書けるだろ」と吐き捨てていた。

この振る舞いにより、ナスリは2014年ワールドカップ後までの出場停止処分が下される可能性があると伝えられている。さらにMFヤン・エムヴィラ、ジェレミー・メネス、ハテム・ベン・アルファらも振る舞いが問題視されており、出場停止処分を受ける可能性があるとのこと。

なお『レキップ』は、ナスリへの処分についてのアンケートを行い、56%がフランス代表からの追放を望んでいると伝えている。