モンペリエ、ジルーのアーセナル移籍を認める

ニコリン会長:「成功を祈っている」
モンペリエのルイ・ニコリン会長は、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーがクラブを離れることを明らかにした。同選手は、アーセナルへの移籍が間もなく決定すると伝えられている。

移籍に関する詳細を明らかにはしなかったニコリン会長だが、フランス『Midi Libre.fr』に「彼は良い子だし、成功を祈っているよ」と語ったと伝えられている。

一方、ニコリン会長の息子で副会長のローラン・ニコリン氏は、フランス『RMC』に「交渉はうまく進んだ。合意に達しているよ」と述べた。

リーグアンのタイトルを獲得したモンペリエで、ジルーは21ゴールをマークし得点王に輝いていた。バイエルン・ミュンヘンなどからの関心も伝えられていたが、アーセナルが1500万ユーロの違約金を支払うことで新シーズンはプレミアリーグでプレーすることになりそうだ。ガナーズで、ジルーは現在の3倍にあたるサラリーを受け取るとのこと。