マルセイユ、インテル戦を前に4連続完封負け

デシャン、さらなる苦境に
マルセイユは、9日に行われたリーグアン第27節でアジャクシオと対戦し、0-1の敗戦を喫した。これでマルセイユは、先月22日のインテルとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ後に行われた全4試合をノーゴールで終え、4連敗となっている。

序盤の好機を逃したマルセイユは、スコアレスドローに終わるかと思われた終了間際に失点してしまう。自陣でボールを失うと、右からのクロスボールに中央でMFベンジャミン・アンドレが合わせ、決勝ゴールを許した。

無得点での4連敗で、ディディエ・デシャン監督はさらなる苦境に追い込まれている。なおインテルは、9日にキエーヴォと対戦し、終盤の2ゴールで2-0と勝利。13日のCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグを前に、明暗の分かれる結果となっている。