ブラン、キャプテンにロリスを指名

ロリス:「大きな誇りになる」
フランス代表を率いるローラン・ブラン監督は、EURO2012の同国のキャプテンにリヨンGKウーゴ・ロリスを指名した。

ロリスのほかにはバルセロナDFエリック・アビダル、ミランDFフィリップ・メクセスが挙げられていた。

キャプテンに選ばれたロリスは、記者会見で「コーチ陣からの信頼の証だよ。自分が3人の候補の一人だということは分かっていた」とコメントを発している。

「チームにはより責任を持つ選手がいる。でも自分に忠実なままでいなければいけない。大きな誇りになるし、ここで止まってはいけない」

一方、29日に行われるドイツ代表との国際親善試合に向け、ロリスは次のように意気込みを語った。

「ドイツは、世界のトップ3チームの一つ。彼らはフランスが失ったステータスを、過去の大会で示してきた。ドイツはEURO優勝を望んでいる。一方の我々は、できるだけ勝ち進むことを目指している」

「明日(29日)の試合では、ドイツが優位だね」