ジダン、マテラッツィへの謝罪を拒否

「謝るつもりはない」
元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏は、インテルの元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィに謝罪するつもりはないようだ。

両者は2006年ワールドカップ決勝で対戦した。その際、マテラッツィの挑発に腹を立てたジダン氏が、頭突きを見舞って退場処分となっている。

2人は先日、ミラノのホテルで再会し、和解したと伝えられていた。しかし、ジダン氏はマテラッツィに謝ることはないという。フランス『レキップ』の中で、ジダン氏が次のように語った。

「私は怒ったよ。自分のリアクションを誇りには思わない。しかし、怒っていたから、謝るつもりはない。あれも自分のキャリアの一部だ。人生というのは、常に良いことばかりではないだろう。これを強調したいとは思わない」