ブラン:「EURO2012の出場権を逃したら辞任する」

契約延長はEURO2012次第
フランス代表のローラン・ブラン監督は、EURO2012の出場権獲得に失敗した場合、同国代表から退く意向だと話した。

フランス『レキップ』とのインタビューで、ブラン監督は以下のように語った。

「EURO2012に出るか、去るかだ」

「私は結果で判断される。私が失敗したとき、続けることは私の意思じゃない。4年契約にサインしたんじゃない。2年契約にサインしたんだ」

「我々が出場権を得て、良いEUROを経験することができたら、もう2年間の契約に関する話し合いをすることができるだろう」

「私が選んだグループと信頼を取り戻すことができなければ、連盟に行って、チームを去ると伝える」

ブラン監督はまた、8月11日に行われる初戦のノルウェー戦についてもコメントした。同監督は、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)に出場したすべてのメンバーに失望したと認め、ノルウェー戦にはW杯メンバーを招集しないとしている。

「もし君が誰か一人でも(良いプレーをした選手の名前を私に言えれば)素晴らしかった。私には一人もいなかったからね。GK(ウーゴ・ロリス)は別にして」