リベリとベンゼマが未成年売春事件で事情聴取

有罪なら3年の禁固刑も?
バイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリとレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマの2選手が20日、パリの検察から未成年売春疑惑に関して事情聴取された。

問題となっているのは、パリ・シャンゼリゼ地区にあるナイトクラブが未成年売春を行っていたとされる事件。リベリやベンゼマは当時未成年だったザヒアさんと関係を持っており、ザヒアさんの年齢を知った上での行為だった場合、最大で3年の禁固刑と4万5000ユーロの罰金処分が科される可能性がある。

フランスでは売春が合法だが、18歳以下の未成年との売春行為は違法。ザヒアさんはすでにリベリらと関係があったことを認めているが、年齢は伝えていなかったとしている。