あれから10年…マテラッツィ氏が振り返る「ジダン頭突き事件」

「なぜあれほどの騒ぎになったのか分からない」

サッカー界に衝撃を与えた”あの事件”から10年が経過し、当事者の一方が改めて事件を振り返っている。

2006年7月9日に行われたドイツ・ワールドカップ(W杯)決勝のフランス対イタリア戦でその事件は起こった。現レアル・マドリー監督であるフランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が、イタリア代表DFマルコ・マテラッツィ氏に「頭突き」を食らわせて退場処分となった一件だ。

W杯決勝という大舞台であり、サッカー界を代表するスター選手だったジダン氏の現役ラストマッチとなったこともあって、大きな騒ぎが引き起こされた。ジダン氏を挑発したとみられるマテラッツィ氏が何を言ったのかに関しても様々な憶測が乱れ飛ぶことになった。

マテラッツィ氏は、この事件を取り上げた自伝を出版することを発表した上で、フランス『レキップ』のインタビューに次のように語っている。

「本を書くことを決めたのは、私が何を言ったかについて誰もが質問してくるからだ。もちろん馬鹿な言葉だったとは思うが、あれほどの反応を引き起こすようなものではなかった。ローマでもナポリでもトリノでもミラノでもパリでも、どこか適当なサッカー場に行ってみればいい。私が言った言葉は、そこで聞こえてくるものよりもよっぽどソフトなものだと気がつくだろう」

「なぜあれほどの騒ぎになったのか、すぐには分からなかったし、今でも理解に苦しむほどだ。誰もが話題にして、誰もが自分の意見を言いたがった。信じられないことだったよ。だが、私が何よりも覚えていたいのは、自分がW杯で決めた2つのゴールだ」

マテラッツィ氏は、ジダン氏の姉妹に対して侮辱的と取られる発言をしたことは認めているが、ジダン氏に実際に姉がいることは知らなかったとも主張している。また、姉ではなくジダン氏の母親に対する侮辱だったのではないかと当時言われたことについては改めて否定した。

「何よりも気になったのは、一部のファンや記者たちは、私が彼の母親を侮辱したと言っていたことだ。そんなことは絶対にしない。私自身はずっと前(15歳の頃)に母を亡くしているからね」