アルジェリア、アウェーゴール差でW杯へ

ブルキナファソを僅差で沈める
19日に行われたワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選セカンドレグで、アルジェリアはホームにブルキナファソを迎えて1ー0で勝利した。2試合合計スコアは3ー3となり、アウェーゴールの差でアルジェリアが2大会連続となる本大会出場を決めている。

アウェーでのファーストレグで2ー3と敗れていたアルジェリアは、後半の立ち上がりに試合を動かした。セットプレーからゴール前で混戦になると、ブゲーラが押し込み1ー0となる。

1点で状況をひっくり返すことができるブルキナファソだが、アルジェリアからゴールを奪うことはできず。ホームチームが逃げ切りに成功。アウェーゴール差で明暗が分かれた。

アルジェリアは2大会連続4回目のW杯本大会出場となる。