フィーゴ、C・ロナウドの態度を批判

「敗戦した時は責任を背負わなければならない」
ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でスペインに0-1で敗れたポルトガルだが、キャプテンのFWクリスティアーノ・ロナウドの試合後の振る舞いが問題となっている。同選手は試合終了直後にカメラマンに向かって唾を吐き、ミックスゾーンでは質問に応じなかった。

ポルトガル代表でキャプテンを務めていた経験があるルイス・フィーゴ氏は、C・ロナウドがキャプテンとしての振る舞いを見せていなかったとコメントした。

「どんなキャプテンになるかは人によって違うものだ。しかし勝利しても敗れても、チームを守るのがキャプテンだ。敗戦した時は責任を背負わなければならない」