母国の次にアルゼンチンを応援するサモラーノ氏

アルゼンチンの豪華攻撃陣を称える
チリのレジェンドであるイバン・サモラーノ氏が、アルゼンチンを称賛している。サモラーノ氏にとって、アルゼンチンは南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で2番目に応援するチームのようで、ディエゴ・マラドーナ監督率いるチームが優勝候補だと主張している。

現在、ジャーナリストとしてチリのテレビ局のために南アフリカで仕事をしているサモラーノ氏は、アルゼンチン『オレ』に次のように語っている。

「私の第2のチームがアルゼンチンだ。彼らにとって、すべてがうまくいくことを望んでいる」

「彼らの攻撃陣を見てほしい。(ゴンサロ・)イグアイン、(ディエゴ・)ミリート、(カルロス・)テベス、そして(リオネル・)メッシ。世界のベストだよ。彼らは間違いなく優勝候補だ」