ブッフォン:「このボールでW杯をやるのは恥」

「ジャブラニ」を厳しく批判
各方面で批判を浴びている南アフリカ・ワールドカップ(W杯)の公式球「ジャブラニ」。イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンも、このボールには不満を感じているようだ。同選手は自身の公式サイト上で、次のように話している。

「ここまではすべてがうまくいっていっている。一つだけ、強調しておきたいネガティブなことがあるんだけどね。僕のほかにも、すでに同僚たちが言っていることだ。今回のW杯で使われるボールのことだよ」

「この新しいモデルは、まったくもって適切じゃない。たくさんのカンピオーネ(最高級の選手)が参加するような、これほど重要な大会を、こういったボールで戦わなければならないのは、恥ずべきことだよ」

イタリア代表ではほかにもGKフェデリコ・マルケッティやFWジャンパオロ・パッツィーニが「ジャブラニ」への不満を表している。ほかにもブラジル代表GKジュリオ・セーザルやスペイン代表GKイケル・カシージャスも批判しており、選手たちからはかなり不評なようだ。