オランダ代表、23人のメンバーが決定

日本に立ちはだかる強豪
オランダ代表を率いるベルト・ファン・マルヴァイク監督が、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)に向けた23人の代表メンバーを決定した。

事前に招集されていた30人の候補から落選したのは、イェレマイン・レンス(AZ)、オルランド・エンヘラール(PSV)、フルノン・アニータ(アヤックス)、オトマン・バッカル(PSV)、ワウト・ブラーマ(トゥエンテ)、ダビド・メンデス(AZ)、ロン・フラール(フェイエノールト)の7人。

グループリーグで日本代表と同組のオランダ代表は、以下の23人で南アフリカに向かうことになった。

GK
マールテン・ステケレンブルフ(アヤックス)
ミシェル・ヴォルム(ユトレヒト)
サンデル・ボスフケル(トゥエンテ)

DF
グレゴリー・ファン・デル・ヴィール(アヤックス)
ヨン・ヘイティンガ(エヴァートン)
ヨリス・マタイセン(ハンブルガーSV)
アンドレ・オーイエル(PSV)
エドソン・ブラーフハイト(セルティック)
ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト(フェイエノールト)
ハリド・ブラールズ(シュトゥットガルト)

MF
ナイジェル・デ・ヨング(マンチェスター・シティ)
デミー・デ・ゼーウ(アヤックス)
ラファエル・ファン・デル・ファールト(レアル・マドリー)
ヴェスレイ・スナイデル(インテル)
スタイン・スハールス(AZ)
マルク・ファン・ボメル(バイエルン・ミュンヘン)
イブラヒム・アフェライ(PSV)

FW
アリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)
エリエロ・エリア(ハンブルガーSV)
ライアン・バベル(リヴァプール)
ディルク・カイト(リヴァプール)
ロビン・ファン・ペルシ(アーセナル)
クラース・ヤン・フンテラール(ミラン)