アルゼンチン代表、W杯に臨む23人を発表

落選した7人は…
アルゼンチン代表が南アフリカ・ワールドカップ(W杯)に臨む代表メンバー23人を発表した。

事前に発表された30人の候補から外れたのは7選手。エセキエル・ラベッシ(ナポリ)、ヘスス・ダトロ(オリンピアコス)、ホセ・ソサ(バイエルン・ミュンヘン)、セバスティアン・ブランコ(ラヌース)、フアン・メルシエル(アルヘンティノス・ジュニオルス)、フアン・マヌエル・インサウラルデ(ニューウェルス)、ファブリシオ・コロッチーニ(ニューカッスル)が落選となっている。

インテルに所属するFWディエゴ・ミリートはクラブで好調を続けているものの、ディエゴ・マラドーナ監督が外すと噂されていた。しかし、ナポリFWラベッシを押しのけて23人の中に入っている。

20歳のパレルモMFハビエル・パストーレにとっては、代表初キャップのチャンスだ。同選手はアルゼンチン代表として、昨年12月にカタルーニャ選抜とのゲームでプレーしているものの、公式戦としては認められていない。

マラドーナ監督が選んだアルゼンチン代表23人は以下のとおり。

GK
マリアーノ・アンドゥハル(カターニア)
ディエゴ・ポソ(サンタ・フェ)
セルヒオ・ロメロ(AZ)

DF
ニコラス・ブルディッソ(ローマ)
ガブリエル・エインセ(マルセイユ)
マルティン・デミチェリス(バイエルン・ミュンヘン)
ワルテル・サムエル(インテル)
ニコラス・オタメンディ(ベレス・サウスフィエルド)
クレメンテ・ロドリゲス(エストゥディアンテス)
アリエル・ガルセ(サンタ・フェ)

MF
マリオ・ボラッティ(フィオレンティーナ)
ホナス・グティエレス(ニューカッスル)
ハビエル・マスチェラーノ(リヴァプール)
ハビエル・パストーレ(パレルモ)
マキシ・ロドリゲス(リヴァプール)
フアン・セバスチャン・ベロン(エストゥディアンテス)
アンヘル・ディ・マリア(ベンフィカ)

FW
セルヒオ・アグエロ(アトレティコ・マドリー)
カルロス・テベス(マンチェスター・シティ)
ゴンサロ・イグアイン(レアル・マドリー)
リオネル・メッシ(バルセロナ)
ディエゴ・ミリート(インテル)
マルティン・パレルモ(ボカ・ジュニオルス)