カペッロ、A・ジョンソンの代表入りを検討

5月のフレンドリーで招集か
イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は、マンチェスター・シティMFアダム・ジョンソンの代表招集を考えているようだ。22歳の同選手は1月にミドルスブラからシティへ移籍。ロベルト・マンチーニ監督の下でレギュラーとして活躍し、好調ぶりを見せている。

カペッロ監督も同選手のパフォーマンスに注目しているようで、FA(イングランドサッカー協会)の公式サイトで次のように話している。

「彼はチャンピオンシップ(2部)から来た。そこでは別のポジション(左サイド)でプレーしていたね。彼はうまくやっている。これから国際経験を積むことは重要だ」

カペッロ監督は5月に予定されるメキシコ、日本との親善試合でA・ジョンソンを招集し、南アフリカ・ワールドカップへ連れて行くべきかをチェックするのではないかと言われる。現時点で、同じシティのMFショーン・ライト=フィリップスをリードしていると見られているようだ。