ネスタ、3月に代表復帰も?

リッピがカメルーン戦に招集か
イタリア『トゥットスポルト』が報じたところによると、イタリア代表のマルチェッロ・リッピ監督が、3月に行われるカメルーン代表との親善試合で、ミランDFアレッサンドロ・ネスタを招集するかもしれないという。

2007年5月にイタリア代表からの引退を決断し、以降はアッズーリ(イタリア代表の愛称)のユニフォームに袖を通すことはなかったネスタ。だが、南アフリカでのワールドカップを前に、リッピ監督は同選手の復帰を目指していると言われる。

ネスタが代表から引退したのは、肉体的にクラブとの両立が難しかったからだ。だが、ネスタは昨夏に復帰してから、見事なパフォーマンスを披露している。南アフリカでの本大会に復帰となれば、クラブとの両立にも問題はない。

これまで、予選を戦ってきた現メンバーのポジションを奪うことはしたくないと主張してきたネスタだが、12日のウディネーゼ戦後には、様子を見ている状態であることをうかがわせた。これまでの発言に比べれば、大きな前進と言えるだろう。

『トゥット』によれば、リッピ監督はミランのチームメート、DFルカ・アントニーニとFWマルコ・ボリエッロの招集も検討しているという。所属クラブの仲間が増えれば、ネスタにとってより居心地の良い環境となるだろうが…?