ニュース ライブスコア

バロテッリ:「代表のことは考えて当然」

インテルFWマリオ・バロテッリが1日、ミラノのあるロンバルディア州のスポーツジャーナリストから、一年で最も頭角を現したアスリートに選出された。受賞したバロテッリはセレモニーの舞台で、「(代表入りを)考えるかって? もちろんさ。ほかの選手たちと同じようにね」と、イタリア代表入りへの想いを明かしている。

一方、コッパ・イタリアのユヴェントス戦で逆転ゴールを決めた際、喜びを示さなかったことについて、バロテッリは「オレがゴールを決めるかどうかも、オレがゴールを喜ぶかどうかも、問題じゃないはずだ。チームメートや対戦相手、サポーターと言い争うこともあるかもしれないが、すべては試合が終われば終わることだよ。よく、メディアにいろいろなことを言わされるけどね」とコメントした。

また、そのバロテッリ可愛がっているインテルのモラッティ会長は、ミランとのタイトル争いについて言及。現在、8ポイント差をつけているが、モラッティ会長は「それで安心はできない」と話している。