ニュース ライブスコア

スロベニア代表監督:「まだ生きている」

スロベニア代表を率いるマチュジャ・ケク監督は、ワールドカップ(W杯)本大会出場を諦めていない。ロシアと対戦している同代表は、アウェーでのファーストレグを1-2で落としている。しかし、18日にホームで行われるセカンドレグで挽回可能と考えているようだ。

ケク監督が、記者会見で次のように語った。

「我々はチームを築いているところだ。プレーオフはこのチームにとっての大きなテストになる」

「(ファーストレグでは)ロシアの方が良かった。我々は多くのミスをしたよ。それでも、我々はまだ生きている」

「目標は南アフリカだ。そこに行くために、我々は勝たなければいけない。ロシアは強いチームだが、我々も勇敢に戦うよ」