ブラジルとアルゼンチン、11月に再試合

今月3日の試合は照明故障で中止
ブラジル代表とアルゼンチン代表が対戦する定期戦「スーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカス 」の第2戦は、11月21日に開催されることが決定した。

第1戦は9月19日にブラジルのホームで行われ、2-1でブラジルの勝利に終わった。

アルゼンチンホームの第2戦は今月3日に開催が予定されていたが、選手入場が済んだ後でスタジアムの照明故障のため中止となった。

中止となった試合の開催地はアルゼンチンのレシステンシアだったが、11月の試合は会場が変更され、ボカ・ジュニオルスのホームスタジアムである「ボンボネーラ」で開催される。