「マン・Uとのルーカス移籍交渉は終わった」

サンパウロ幹部が明かす
サンパウロの幹部、アダウベルト・バチスタ氏が、MFルーカスの移籍に関するマンチェスター・ユナイテッドとの交渉は終わったと明かした。

ユナイテッドはルーカス獲得のオファーを提示したものの、断られたと見られている。それでも、サンパウロのジョアン・パウロ・デ・ジェスス・ロペス副会長は先日、ユナイテッドとの交渉が続く可能性をほのめかしていた。

新たなオファーが提示されているとも見られているが、バチスタ氏はブラジル『ESPN』で、交渉はすでに終わったと主張している。

「今は交渉中ではない。我々がオファーを受け取り、それを断ったことは、全員が知っている。ルーカスが移籍を望んでいないことも知られているね。期待を持ち続けているのは、彼の代理人だけだ」

「これは最終決定だよ。ヨーロッパとブラジルの移籍マーケットのミスマッチにより、国内のクラブにとっては難しくなっているんだ。我々はそれに適応しなければいけない」

ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、ルーカスからレアル・マドリーMFヌリ・シャヒンにターゲットを移したとの声もある。日本代表MF香川真司がボルシア・ドルトムント時代のチームメートと再会することはあるのだろうか?