インテルナシオナルDF、イタリアからの関心を喜びつつ…

試合に集中
ナシオナルDFアレクシス・ロリンは、インテルとジェノアからの関心が明らかになったものの、気持ちを乱されることはないと語った。

『オバシオン』は、イタリアの2クラブが関心を寄せていると報じた。同紙によると、この2クラブは視察のために人間を送っていたという。

ローバーズ戦後、ロリンは以下のように語った。

「現状、今日の勝利を喜ぶ気持ちと、火曜日の練習、日曜日のリバプール戦、その後の決勝のことが入り混じっている。ただ、ナシオナルの優勝のことだけを考えている」

「代理人に、試合前にはほかのことは話さないでくれと言った。プレーのこと以外は考えたくないからね」

昨年12月にアペルトゥーラ優勝を決めたナシオナルは、クラウスラ終了後にデフェンソールと決勝を戦う。