メネゼス、復帰のロナウジーニョを絶賛

「持てるすべてを見せてくれた」
ブラジル代表のマノ・メネゼス監督は、1-0で勝利したガーナとの親善試合でのロナウジーニョのパフォーマンスを絶賛した。

ロナウジーニョにとっては、10カ月ぶりの代表復帰だった。得点こそなかったものの、ゴールまであと一歩に迫るなど、健在なところを見せ付けた。

このパフォーマンスにはメネゼス監督も喜びを隠せず、『PA』に「彼はとても良いプレーをしたし、チームに復帰させるべき選手だ」と話した。

「代表戦のサッカーはスピードが増して、彼は序盤に少し違和感を感じたかもしれない」と“新チーム”への合流の難しさを推し量った。それでも適応するところに、能力の高さを確認したようだ。

「だが、リズムをつかんでいき、後半には持てるすべてを見せてくれた。とても良いプレーをしたが、相手のGKが素晴らしいセーブを見せた。彼を代表チームに復帰させなければならない」