サントスDF、13日にインテル合流へ

サントスへの惜別の辞を述べる
サントスDFジョナタン・モレイラは、移籍金500万ユーロでインテルへの移籍が決まり、プレシーズンの練習に13日から合流するようだ。『グローボ・エスポルチ』が報じている。

この25歳のDFは、12日にメディカルチェックを受け、4年契約にサインしたと言われている。

500万ユーロと報じられている移籍金のうち、サントスが受け取るのは30%に過ぎない。投資グループのテイサが20%を受け取り、同選手の保有権の50%を持つクルゼイロが、残りを受け取ることになる。

そのジョナタンは過去6カ月で20試合にしか出場していないが、それはケガのためであると話し、今後を見据えた。また、サントスへの惜別の辞を述べている。

「サントスのユニフォームをいつかもう一度着るという願いは持っている。あのクラブで、それほど多くの時間を過ごしたわけじゃないけど、なんとか2つの重要なタイトルを勝ち取れた」と語った。

「実際したよりも、もっと大きな貢献ができたんじゃないかという気持ちを持って去ることになる」