J・セーザル:「母国でのW杯が夢」

当面のフラメンゴ復帰は否定
インテルに所属するブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、『スポーツTVニュース』のインタビューで、母国で開催される2014年ワールドカップ(W杯)への想いを語った。一方で、同選手は古巣フラメンゴへの復帰について、当面はないと否定している。

南アフリカW杯では準々決勝でオランダに敗れ、ベスト8敗退に終わったセレソン。オランダの同点弾の場面で、MFフェリペ・メロとのコンビネーションミスから失点を許したJ・セーザルは、まだその悔しさを忘れていないようだ。

「(オランダ戦での失点について)あれがコレクティブなミスだったとは言わない。母国での2014年W杯を戦うことが僕の夢だよ。そのことを考えるだけで、これ以上ないほどのモチベーションを感じるんだ」

また、1997年から2004年まで過ごしたフラメンゴへの復帰の可能性について、J・セーザルは次のように話している。

「フラメンゴで引退? それはないんじゃないかな。復帰したいという夢は持っていないし、今の段階でそれについて話すのは意味がないだろう。ただその上で、将来に何があるかは誰にも分からない。明日、フラメンゴに戻っていることだってあるかもしれないしね」