古巣ボカもテベスを狙う?

副会長:「いつかまた、プレーしてほしい」
ボカ・ジュニアーズの幹部が、かつて所属したマンチェスター・シティFWカルロス・テベスに復帰してほしいとのクラブの思いを明かした。

「カルリートス」の愛称で親しまれたテベスは、今もボカファンのアイドルだ。3年の在籍期間で国内タイトルやコパ・リベルタドーレスをもたらし、大きな愛情を受けている。

そのストライカーは、今夏のシティ退団が予想されている。そこで、古巣ボカも手を挙げようとしているのかもしれない。

クラブのフアン・カルロス・クレスピ副会長は、テベス獲得への思いを語った。

「テベスには、もう一度ボカでプレーしてほしい。実現可能な良いチャンスがあるね」と『ラジオ・アメリカ』に話している。

ただしテベス自身は、ボカからの移籍の可能性を打診する連絡はないと、以前に話していた。現在は、イタリア行きが濃厚とみられている。