クロース、マルセロらブラジル人選手にはきつい新年の挨拶ツイート

2014年ブラジル・ワールドカップ準決勝、ブラジル対ドイツのスコアを思い起こさせるツイートを行う。

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、『ツイッター』でブラジル代表選手にとっては手厳しい新年の挨拶を行った。

クロースは1月1日に、『ツイッター』である画像を掲載。その画像では「フェリス(スペイン語でハッピー)2017」と記されるべきところで、17の部分がブラジルとドイツの国旗になっている。つまりは、2014年ブラジル・ワールドカップ準決勝ブラジル対ドイツのスコア、1-7を示しているのである。

ブラジルに屈辱的な大敗を思い起こさせるクロースのツイートだが、レアル・マドリーの同僚DFマルセロはやはり気分を害してしまったのかもしれない。ブラジル代表DFはクロースが公開した画像を受けてか、「明けましておめでとう。みんなの健康を願う。そして、いつだって人には敬意を!」とツイートした。

なおクロースはその後に、「ちょっとしたジョークが大きな注目を集めてしまったね。みんなの幸せと健康を願っている」とつぶやいている。