なぜ酒井高徳は主将に指名されたのか?現地メディアに衝撃を与えた人物像とは/コラム

不振のHSVでキャプテンマークを託された酒井高徳。なぜ彼は歴史あるドイツの名門で主将を任されるまでに、周囲から信頼をつかんだのか? 現地から徹底レポートをお届けする。

酒井高徳がハンブルガーSVの新キャプテンに任命された。ブンデスリーガでチームキャプテンを務める初の日本人選手の誕生だ。

近年は低迷しているとはいえ、ハンブルクと言えばドイツでも指折りの名門。3度のブンデスリーガ優勝経験を誇り、53年前の創設から1部に所属し続けている唯一のクラブである。今季、最下位に沈んでいるハンブルクにとって1部残留は至上命題であり、酒井にはそんなクラブの1部在籍の歴史を繋ぐというとてつもなく重い使命が課せられたことになる。

開幕から10試合勝利がなく、すでに自動残留圏内から6ポイント離されていたハンブルクが主将の交代を行ったのは妥当な判断だと言えるが、指名されたのが酒井であったことは驚きだった。確かに酒井は今季のハンブルクで公式戦全試合に出場しているただ一人のフィールドプレーヤーだが、チームの先頭に立って引っ張るような選手ではない。

近年のハンブルクはファン・デル・ファールト、そして昨季からはヨハン・ジュルーがキャプテンを務めてきた。どちらも”闘将”というタイプではないが、世界的な名門クラブでプレーしてきた選手で、チームでは大きな存在感を放っていた。

ただ、チームにはネームバリューのある選手は揃っているが、まとまりがないため結果が出なかった。近年は下位に低迷しているが選手の給与水準はいまだリーグ中位クラスにあるためか独りよがりなプレーも目立ち、チームからは一丸となって戦おうという気概が感じられなかった。

マルクス・ギスドル監督が変えたかったのはそこだ。ギスドル監督は謙虚に、貪欲に、チームで戦うことを選手に求めた。そのためのチームキャプテンは酒井でなければならなかった。それはクラブ公式メディアで発表されたギスドル監督の2つのコメントから読み取ることができる。

「我々は新しいカルチャーをチームに持ち込みたかったし、そうしなければならなかったんだ」

「ゴートクは今の我々に必要なことをすべて体現している。彼は疲れを知ることなく働き、ピッチの上で倒れるまでチームのために尽くす。オープンで、誠実で、コミュニケーションもよく取る。100%のプロ意識を持っている。他の選手の手本であり、キャプテンにふさわしい」

酒井は誠実な人柄で知られている。メディアからの取材に対しても誠実で、どんなに長くなろうと嫌な顔ひとつせず、記者からの質問に対して1つ1つ丁寧に答えていく。シュトゥットガルト時代には1人で30分近く話すことも珍しくなかった。

2015年の夏に酒井がハンブルクにやってくると、クラブ公式メディアが公開した、過去の対戦でラフプレーをしてしまったルイス・ホルトビーに謝るビデオの影響でその人柄に興味を持ったのか、地元メディアも酒井を頻繁に取り上げた。

当時、「まだドイツ語は全然できないですよ。インタビューのところはギリギリで話していて、向こうが解釈してくれたところを上手く記事にしてくれているって感じなので、しっかりしゃべれるようにならないとなって思いますね」と語っていたが、現地メディアの取材に対しても誠実に応えた。そして、昨季3月に現地メディアを驚かせる出来事が起きた。

第26節レバークーゼン戦で右SBとして先発した酒井は、前半でデニス・ディークマイアーと交代となり、チームも0-1で敗れた。実は、前の試合で良いパフォーマンスを見せた酒井は、レバークーゼン戦の前に体調を崩して数日寝込んでいた。ブルーノ・ラバディア前監督には体調に問題がないことを伝えていたが、試合中気分が優れずハーフタイムに交代を申し出た。そして試合後、酒井は現地メディアに対してこうコメントしたのだ。

「率直なことを言うと、デニス(・ディークマイアー)には申し訳ない気持ちでいっぱいなんです。彼は状態が良くて、プレーできた。僕はだるさを感じていて、ハーフタイムに交代しなければならなかった。あとで彼には謝ろうと思います。敬意が欠けていました」

プロ選手としてはあまりにも自信を欠いた発言であり、同時に信じられないほど誠実な発言でもあった。自信が大きな意味を持つプロ選手としては、自らの非を認めるような発言は憚られるし、監督から自信のない選手だと見放されれば出場機会を失う可能性もある。チームメイトへの謝罪は、自己主張の強い欧米の選手であればまずあり得ないことで、現地メディアにとっては衝撃的でさえあった。

だが、現地誌『キッカー』は酒井を「真のチームプレイヤー」と記した。数々の取材を通して、酒井の誠実さを知っていたからだ。彼らはこれまでにも、たとえ自分にとって不利益になろうとも、チームのことを第一に考えて行動する酒井の姿を見てきたはずだった。ギスドル監督が今のハンブルクに必要だと考えたのは、そんな「新しいカルチャー」=自己犠牲の精神なのだ。ハンブルガーSV新キャプテン酒井の、名門降格の危機を救う戦いが始まった。

文=山口 裕平

ブンデスリーガのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。