44歳の若さで… レヴァークーゼンの元監督が死去

突然の訃報だ。レヴァークーゼンやウニオン・ベルリンを率いた経歴を持つサシャ・レヴァンドフスキ氏が、44歳の若さで帰らぬ人となった。

ドルトムント出身のレヴァンドフスキ氏はボーフムやレヴァークーゼンの下部組織でコーチを務めてから、2011年にDFB(ドイツサッカー連盟)の監督ライセンスを取得。当時から有望な若手指揮官として期待されていた。

実力を認められたレヴァンドフスキ氏は2012-13シーズン、二頭体制を敷いたレヴァークーゼンでサミ・ヒーピア氏とともにトップチームに昇格した。翌シーズンには同クラブのユース部門に一旦戻ったものの、ヒーピア氏が2014年4月に解任されると、シーズン終了まで暫定監督を務めた。

去年9月、2部ウニオン・ベルリンの監督に就任したレヴァンドフスキ氏だが、今年3月に燃え尽き症候群が診断され、退任が発表されていた。それ以降は現場に復帰することはなかった。

レヴァンドフスキ氏は8日に自身のボーフムのアパートで息のない状態で見つかった。ボーフム警察によると、死因はまだ明らかになっていない。