ドイツで躍動するチチャリート、CONCACAF年間最優秀選手賞を受賞

北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)は22日、2015年の個人タイトル各賞の受賞者を発表した。年間最優秀選手賞は、レヴァークーゼンに所属するチチャリートことFWハビエル・エルナンデスが受賞している。

マンチェスター・ユナイテッドで必要とされず、夏にレヴァークーゼンに加入したチチャリートは、ドイツで高い決定力を見せつけている。この活躍が認められて、CONCACAF年間最優秀選手賞を受賞した。2位はポルトガルのスポルティングに所属するブライアン・ルイス、3位にはPSVでプレーするチチャリートと同じメキシコ代表のMFアンドレス・グアルダードが入った。

CONCACAF年間最優秀GKには、エヴァートンのアメリカ代表GKティム・ハワードが入った。女子の年間最優秀選手には、FIFAの年間最優秀選手賞を受賞したカーリー・ロイドが選ばれている。

男子のCONCACAF年間ベストイレブンは、以下のように発表された。

GK
ティム・ハワード(エヴァートン/アメリカ)

DF
ロマン・トーレス(シアトル・サウンダース/パナマ)
ジャンカルロ・ゴンサレス(パレルモ/コスタリカ)
エクトル・モレノ(PSV/メキシコ)
ミゲル・ナジュン(ポルト/メキシコ)

MF
アンドレス・グアルダード(PSV/メキシコ)
マイケル・ブラッドリー(トロントFC/アメリカ)
ジョエル・キャンベル(アーセナル/コスタリカ)
ヘスス・コロナ(ポルト/メキシコ)

FW
ハビエル・エルナンデス(レヴァークーゼン/メキシコ)
ブライアン・ルイス(スポルティング/コスタリカ)