ニュース ライブスコア

長谷部が乾のエイバル移籍についてコメント 「同胞が行ってしまうのは残念」

フランクフルトMF長谷部誠がドイツ『フランクフルター・ルンドシャウ』のインタビューに応じ、同クラブからエイバルに移籍したMF乾貴士について言及している。

長谷部はチームメートであった同胞の退団を嘆きながらも、乾が夢と公言していたスペインでの挑戦に臨むことについては喜びを表した。

「難しいところですね。もちろん、同胞が行ってしまうのは残念に思います。ですが、彼はスペインでプレーする夢を実現できるので、そのことは 僕もうれしく思っています」

「彼は以前、子どもの頃からいつもスペインリーグを見ていたと話していました。僕はリーガにそれほど興味がないんですが、タカは別だったということです。それは受け止めなければいけませんね」

長谷部はまた、移籍に関して乾に何かアドバイスを施したかを質問され、「いや、それは彼自身が決めなければいけないことなので」と返答。また、乾がドイツでは幸せではなかったかのかと問われると、次のように返している。

「そうは言えないと思います。彼はここで居心地良さそうでしたよ。でも新しい挑戦に向かうことを決めたということです。なので、それはそれとして、良いことだと思います」

なおスペインメディアの間では、エイバルはクラブ史上最高額となる移籍金30万ユーロを支払い、乾獲得を決めたと報じられる。