フェーの置き土産…1年前にフランクフルトの未来を託されていた長谷部

「このクラブを前進させる1人の選手がすでにサインをした」。1年前にアルミン・フェー監督は、こう言い残してフランクフルトを去った。それが日本代表MF長谷部誠だったという。ドイツ『FAZ』が伝えた。

2011年夏から3年間にわたってフランクフルトを率いたフェー監督は、昨年3月に契約を更新しないと発表。このシーズンを終えてクラブを去ったが、その裏でブルーノ・ヒューブナーSD(スポーツディレクター)とともに長谷部の獲得に動いていたという。

フェー監督は2009-10シーズンにヴォルフスブルクで長谷部と出会った。日本代表MFの力を高く評価する同指揮官は、当時ニュルンベルクにいた元教え子がフランクフルトに役立つと確信していたようだ。

フランクフルトを去る際、フェー監督は「このクラブを前進させる1人の選手がすでにサインをした。彼は本当に優れた選手だ」とコメント。このときは具体的な名前を挙げなかったが、長谷部のことを指していたという。

その後、フェー監督はシュトゥットガルトと契約を交わしたが、成績不振の責任をとって就任から5カ月で辞任。この夏にフランクフルトに戻ってきた。

フェー監督の長谷部に対する評価が高いことは明らか。今シーズンのフランクフルトは中盤のポジション争いが注目されているが、『FAZ』は長谷部が新加入のMFシュテファン・ライナルツとともに中盤の底で起用される可能性が高いとしている。