シュールレがチェルシー退団の理由を語る 「完璧なサポートとは思えなかった」

ヴォルフスブルクMFアンドレ・シュールレが、チェルシーで過ごした日々について語った。シーズン途中での移籍となったが、それまでのプレーは良かったと自負している。

シュールレは2013年夏にレヴァークーゼンからチェルシーに加入した。しかし今年2月、シーズン途中にヴォルフスブルクに移籍し、プレミアリーグでの挑戦は1年半で幕を下ろしている。母国に出戻った形だが、ドイツ『キッカー』のインタビューで次のように答えた。

「僕のチェルシー行きは間違いなく失敗ではないよ。最初のシーズンはチャンスを生かして、貴重なゴールを決めたからね」

だが2年目の昨季は、ワールドカップに出場していた影響もあり、1年目のようにはいかなかった。さらに指揮官との関係にも、微妙な変化を感じていたという。

「最終的に移籍を希望したけれど、ジョゼ・モウリーニョ監督は残ってほしいと思っていた。でも僕は、完璧なサポートを受けているとは思えなかったんだ」

母国に戻ったシュールレはヴォルフスブルクのブンデスリーガでの2位フィニッシュと、DFBポカール優勝に貢献した。過程はどうあれ、本人にとっては正しい決断だったと言えるだろう。