ベッケンバウアー氏:「X・アロンソは最も重要な補強」

ボールタッチ数新記録を達成
バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長は、ブンデスリーガでの1試合のボールタッチ数の新記録を達成したMFシャビ・アロンソを称賛し、チームにとって最も重要な補強だと述べている。ドイツ『ビルト』が同氏のコメントを伝えた。

今季レアル・マドリーから移籍したX・アロンソは、27日に行われたブンデスリーガ第6節ケルン戦で206回のボールタッチを記録。チームメートのMFチアゴが今年2月に記録していた185回を上回る最多記録となった。

「数週間前から言っているが、アロンソは我々にとって最も重要な補強だ。私は記録に驚きはしなかったよ。インテリジェンスのある選手で、完璧にプレーを支配することのできる選手だ」

ジョゼップ・グアルディオラ監督も、チャンピオンズリーグ第2節CSKAモスクワ戦に向けた会見の中でX・アロンソに賛辞を送っている。

「我々が彼を獲得したのは偶然ではない。彼はファンタスティックな選手だし、我々が中盤に問題を抱えていたことを考えれば、彼の重要性はさらに大きなものとなる」