岡崎、ふくらはぎの負傷で欠場

前節、サンブラーノと幾度も競り合い…
マインツFW岡崎慎司は、26日に行われたホッフェンハイム戦でベンチ入りメンバーから外れた。ドイツメディアによると、同選手はふくらはぎを痛めていたようだ。

『ビルト』や『キッカー』によると、岡崎は前節フランクフルト戦で相手DFカルロス・サンブラーノと何度も接触する中で負傷。ホッフェンハイム戦の出場を見送ったという。

マインツのカスパー・ヒュルマンド監督は、ホッフェンハイム戦を前にした会見で、岡崎の状態が万全ではないことを示唆していた。

「私は(フランクフルト戦で)シンジが90分間プレーできたことが信じられない。彼はサンブラーノにいくつもあざをつくられた。サンブラーノが90分間プレーすることを許されたことも信じられないね」

岡崎を欠いてホッフェンハイムと戦ったマインツは、0ー0で試合を終えている。