ニュース ライブスコア

ドルトムント、ブワシュチコフスキが肉離れでさらに4週間アウト

ボルシア・ドルトムントMFヤクブ・ブワシュチコフスキが、再び復帰から遠ざかってしまったようだ。クラブ側は11日に精密検査の結果を発表する予定だが、選手本人は10日、自身の『フェイスブック』で肉離れにより4週間の欠場を強いられることを明かしている。

昨シーズンのブンデスリーガ第18節アウクスブルク戦で右ひざの前十字じん帯を断裂したブワシュチコフスキは、ようやく復帰に迫っていたところ。先日行われた練習試合に出場するなどしていたが、10日の練習には姿を見せなかった。

ポーランド代表のブワシュチコフスキは、クラブでの試合に加え、来月11日に母国で行われるEURO2016予選グループD第2節のドイツとの対戦も欠場すると見られる。ドイツ『ルールナハリヒテン』は、同選手の「一つの大きな夢が消え去る」と表現した。