ヘルタ・ベルリン、カルー獲得を発表

コートジボワール代表FWが加入
ヘルタ・ベルリンは31日、リールからコートジボワール代表FWサロモン・カルー(29)を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

フェイエノールトやチェルシーでも活躍したカルーは、2012年にリールに加入。リーグアンでも2シーズンで30ゴールを挙げる活躍を見せている。コートジボワール代表でも今年のワールドカップ全3試合に出場するなど主力の一人だ。

カルーとヘルタとの契約は3年間となる。移籍金は公表されていない。

「イングランドやフランスでプレーしてきて、ヘルタとブンデスリーガでのプレーを本当に楽しみにしている。クラブは僕の獲得を強く望んでくれて、クラブ首脳陣と良い話し合いをすることができた」とカルーはヘルタ加入の喜びをコメントしている。

ヘルタは開幕戦で好プレーを見せた新加入のFW原口元気が肩の負傷で離脱。30日に行われたブンデスリーガ第2節レヴァークーゼン戦には2-4で敗れ、開幕から2試合で勝ち点1の獲得にとどまっている。