クロップ、丸岡は「かなりの才能を備えている」

ドルトムントのトップチームを目指す
ボルシア・ドルトムントは19日、セレッソ大阪U-18MF丸岡満を期限付きで獲得したことを発表した。ユルゲン・クロップ監督が、この補強について話している。

ドルトムントU-23に加わる見込みの丸岡は、2015年6月までの期限付きでドイツに渡る。ドルトムントは買い取りオプションを付けており、これからの活躍次第では完全移籍となるかもしれない。

クロップ監督は「好印象を受けた」そうで、丸岡獲得に踏み切った経緯を会見で語っている。

「(ドルトムントU-23監督の)ダビド・ヴァーグナーに、彼を必ず見るように言われ、そうしたんだ。丸岡は(トップチームの)練習にも参加して、ケルンとのテストマッチに出場した。好印象を受けたよ」

「まだ若いから、これから時間が必要だ。一般的な日本人の体格で、決して長身というわけではない。でも、かなりの才能を備えている。彼のこれからの成長をサポートしていきたい。プロチームでのプレーに関しては、これから様子を見ていく。時間のプレッシャーはないね」

丸岡は18歳の誕生日となる来年1月6日に移籍が成立する予定。現マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司が活躍したクラブで、丸岡はトップチームまで駆け上がれるだろうか。