L・グスタボ:「バイエルンでデリケートな状況」

アーセナル移籍に前向きな姿勢
バイエルン・ミュンヘンMFルイス・グスタボが、アーセナルに好意的な見解を示した。また、同選手はバイエルンで「デリケートな状況」にあると認めている。

MFチアゴの加入もあり、ポジション争いが激化する一方のバイエルン。ブラジル代表としてワールドカップ(W杯)出場を目指すL・グスタボは、出場機会を確保するために、この夏移籍すると言われている。

ヴォルフスブルクやインテル、ナポリなど、複数クラブの関心が報じられるなか、イギリスメディアはアーセナルもL・グスタボに強い関心を示していると伝えた。『スカイ・スポーツ』は、アーセナルが1700万ポンドを用意していると報じている。

14日に行われるスイス代表との国際親善試合のためにバーゼル入りしたL・グスタボは、去就について次のように語った。『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「僕とバイエルンの契約は2015年までだけど、ブラジル代表に呼ばれ続けるために、レギュラーでプレーするこが非常に重要だ。僕はバイエルンでとてもデリケートな状況にある。それを解決しなければいけない。個人的にもプロとしても、移籍する理由がある」

「アーセナルの関心は聞いたよ。ビッグクラブだし、もちろん、彼らのためにプレーしたいと思う。アーセナルはとても魅力的なブランドであり、チャンピオンズリーグ(CL)にも出場している。アーセン・ヴェンゲルという非常にクレバーな監督もいるね。バイエルンは昨季のCLで彼らを下したけど、簡単な相手じゃないのは分かったはずだ」