ドルトムント、ギリシャ代表DFの獲得を正式発表

パパスタソプロスと5年契約
ボルシア・ドルトムントは28日、クラブの公式ウェブサイトで、ブレーメンからギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプロス(24)を獲得したことを発表した。ブレーメンと合意に達していることを明かし、2018年まで5年間の契約を発表している。

ドルトムントはDFフェリペ・サンタナのシャルケ移籍が濃厚になっており、後釜探しに動いていた。そこで、パパスタソプロスに注目だ。代理人が先日、ドルトムントとの合意を明かしており、残すは正式発表のみと見られていた。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、「ソクラティスがドルトムントを選んでくれて、我々はうれしく思っている。彼は守備陣の複数のポジションをこなすことができる、ユーティリティー性のある選手だ」と、獲得の喜びを述べている。

パパスタソプロスは「ブレーメンではためになる2年を過ごした。今は僕にとって次のステップを踏み出すときだ」と意気込みを表した。