金崎のニュルンベルク加入が決定、清武とチームメートに

1年半契約で合意 背番号は28
ニュルンベルクが30日、Jリーグ1部(J1)名古屋を退団してフリーになっていたMF金崎夢生(23)との契約を正式に発表した。

また、ブンデスリーガに活躍の場を移す日本人が一人増えた。金崎はMF清武弘嗣が所属するニュルンベルクと2014年6月30日までの契約を交わしている。さらに、2年の契約延長オプションも付いた。

ニュルンベルクのマーティン・バーダーSD(スポーツディレクター)は、「我々にはここしばらく攻撃における突破力を高める考えがあった」とコメント。同クラブが日本市場の調査も積極的に行っていることは「明らか。だからムウを直接に視察する機会が数回あった」と話している。

バーダーSDは、清武と金崎は大分で同僚だったことについても触れ、「キヨは新加入選手(金崎)がニュルンベルクとブンデスリーガに早く馴染むようにサポートする」と述べた。清武の専属通訳を務める山森淳平氏は、金崎の通訳も担当することになる。

ミヒャエル・ビージンガー監督は「ムウは攻撃のポジションすべてで起用できる。攻撃のパターンとクオリティーが上がる」と、新戦力を歓迎した。

金崎本人は「ニュルンベルクとのコンタクトは以前からありました」とコメントし、「日本で人気が高いブンデスリーガ、これほど熱狂的なファンを誇るクラブを楽しみにしています。クラブの信頼に良いパフォーマンスで報いたいです」と新天地での活躍を誓った。

金崎は30日午前中のトレーニングに参加している。ニュルンベルクでの背番号は28に決まった。