レヴァークーゼンのレナト・アウグストがコリンチャンスへ移籍

ブンデスからクラブW杯王者へ
ブンデスリーガのレヴァークーゼンが、ブラジル人MFレナト・アウグストがブラジルのコリンチャンスへ移籍することを発表した。違約金は明らかにしていない。先日、日本で行われたFIFAクラブワールドカップの王者に輝いたブラジル名門への移籍は、今冬の移籍ウィンドウが開く2013年1月1日に実行される。

レヴァークーゼンは、2008年夏にレナト・アウグストをブラジルのCRフラメンゴから約500万ユーロの移籍金で獲得し、同選手はブンデスリーガ初シーズンからレギュラーとして存在感を発揮した。

3試合のセレソン出場歴を持つ攻撃的MFは、レヴァークーゼンで2014年夏までの契約があるが、2011年以来、けがの影響でレギュラーの座を失っていた。同クラブでのリーグ戦は101試合、8ゴール21アシストを記録した。

レヴァークーゼンの強化部長ルディ・フェラーは「レナトはレヴァークーゼンで多くの素晴らしいサッカー・モーメントを贈ってくれた。この数カ月、彼は様々なけがのため、難しい時期を過ごしたが、我々にとって残るのは良い思い出だ。彼はクラブの進歩に大きく貢献した」と同選手へ感謝の言葉を向けた。

また、レヴァークーゼンのゼネラルマネージャーを務めるヴォルフガング・ホルツホイザーは「レナトは根からブラジル人で故郷が恋しかったんでしょう。彼のブラジルでの再スタートは、2014年ワールドカップに向けて意義があり、そっちで代表にとって本当のオプションになれると思っている。そのために幸運を祈る」とコメントしている。