監督が乾を絶賛 「見たことがない!」

フランクフルトのフェー監督が乾を絶賛。ドイツメディアも高評価
ブンデスリーガ第3節のハンブルガーSV戦、フランクフルトの乾貴士はシーズン初ゴールとなる先制点を挙げ、3-2の勝利に貢献。

17日付けのドイツ『ビルト』紙、フランクフルト地域版の選手採点では、乾に対して2点の評価を与えている(1が最高点、6が最低点)。1ゴール1アシスト、さらにパスの成功率は94パーセントという高い数値を評価しつつも、チームの最高点はGKトラップの1点。乾はチーム2位タイの評価となった。

同紙に対し、フランクフルトのフェー監督は「(乾の先制ゴールについて)あのゴールのすごかったところはボールの受け方だ。浮き球を空中で受けながら、そこですでに適切な方向を与える選手は見たことがない。信じられないよ!」とコメント。乾のファーストタッチの質の高さを絶賛している。

乾自身は「まだ自分のプレーには満足していない。ブンデスリーガではもっと多くの仕事をしなくてはいけないことが分かった。ただし、ゴールの場面は決められると確信していた」とコメント。自身のゴールに自信をのぞかせつつも、新たな課題を見据えているようだ。

他メディアを見ると、『キッカー』は乾に対してチーム3位タイとなる2.5の採点。『Frankfurter Neue Presse』は4点満点中の3点を与え、「序盤から素晴らしい技術を持った選手であることを示した。ときどきのパスミスは許容範囲内」と評価している。

次週の第4節は、フランクフルトは清武弘嗣が所属するニュルンベルクとアウェーで対戦する。

過去、”日本人対決”という見出しが使われる対戦は何度となくあったが、今回の乾と清武に関しては、両名がチームの中心選手として目覚しい活躍を見せる中での対決となる。

キックオフは21日(金)の深夜3時30分(日本時間)。大きな注目を集める対戦になりそうだ。