ロイスが年間最優秀選手賞を受賞、香川は4位

監督部門ではクロップが2年連続受賞
ボルシア・ドルトムントMFマルコ・ロイスが、ドイツ『キッカー』が主催する2011-12シーズンのドイツ年間最優秀選手賞を受賞した。最優秀監督には、ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が選出されている。

2011-12シーズンにボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)で見事な活躍を見せたロイスは、記者投票で217票を獲得。2位のドルトムントDFマッツ・フンメルス(108票)に大差をつけた。3位はドルトムントFWロベルト・レヴァンドフスキの95票。この夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したMF香川真司は、66票で4位に入った。

監督部門では、ブンデスリーガとDFBポカールの2冠を達成したドルトムントのクロップ監督が496票を獲得した。2位はボルシアMGを率いたルシアン・ファブレ監督で、138票が入っている。クロップ監督は、2年連続の受賞だ。