フンメルスが契約延長

2017年までの契約にサイン
ボルシア・ドルトムントは、クラブの公式ウェブサイトでDFマッツ・フンメルス(23)との契約を2017年まで延長したことを発表した。

フンメルスの契約は2014年6月まで残っていたが、新たに3年の新契約にサインした。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、「マッツ・フンメルスのようなキープレーヤーと新たに長期契約を結べたことを喜んでいる。彼はディフェンス面だけでなく、ビルドアップの面でも大きな役割を担っている」と喜びを表している。

一方、ユルゲン・クロップ監督は次のようなコメントを残している。

「フンメルスは、ヨーロッパのどんなクラブでもプレーすることができたが、ドルトムントに残ることを選んでくれた」