レヴァークーゼン、ドゥット解任を発表

会見で正式発表
レヴァークーゼンは1日、ロビン・ドゥット監督(47)の解任を発表した。サミ・ヒーピア氏がチームマネジャーとして、下部組織を率いていたサッシャ・レヴァンドフスキ氏がコーチとして今シーズン終了まで暫定的にチームを率いることになるという。

レヴァークーゼンは、31日に行われたフライブルク戦で0-2の敗戦を喫し、公式戦5連敗となった。クラブは、フライブルク戦の翌日午前にドゥット監督の解任が決定され、記者会見で解任を正式に発表した。

ヴォルフガング・ホルツハウザー氏は、記者会見で報道陣に、「アクションを起こさねばならず、新しいエネルギーとともに来シーズンに向けた目標を目指すため、声明を発表しなければいけなかった」と説明している。