ニュース ライブスコア

ラングニック氏、来夏に現場復帰へ

健康上の理由からシャルケ指揮官を辞任していたラルフ・ラングニック氏だが、代理人によると来夏に現場復帰することができるようだ。

53歳の指揮官は、慢性疲労症候群を患い今年9月に辞任を表明。シャルケは後任に、フーブ・ステフェンス監督を招へいしていた。

ラングニック氏の代理人を務めるオリバー・ミンツラフ氏は、「2012年夏までにフットボールのステージに戻って来ると思う」とドイツ『ビルト』に語っている。